「SakuSaku」用語集
 「SakuSaku」に現れる言葉集です。
・「元老院議会」「FIFA」
 フワフワ系を取り仕切っているのが「元老院議会」、FIFAはその下部組織。
 アパートでの管理人や、フワフワ系の黒幕を誰がやるかなど、決めているらしい。
・「俺パソ」
 SakuSakuに来る視聴者からのメールを受信するパソコン。HDの容量がマジ半端ない。
・「巨神兵がどーん!!」
 巨神兵はもちろん、ナウシカの。その巨神兵がビームを出すところをジゴロウが真似て発する言葉。
 かなり威力があるらしい。
 サクサカーの合い言葉。
・「乙事主がブムォ〜」
 「巨神兵がどーん!!」に続くサクサカーの合い言葉。乙事主(おっことぬし)とは映画『もののけ姫』に登場する、人語を解する鎮西(九州)の猪神。
 しかし、「巨神兵が〜」よりも人気がないっぽい。
・「シャアサク」
 HDレコーダーなどに「SakuSaku」を録画して何度も見るようなヘビーなサクサカーのこと。
 ガンダムの「シャア」ぐらい、すごい「サク」サカーの略(一応補足)
・「ヌケサク」
 1週間に1、2回くらいしか見ないサクサカーのこと。SakuSakuを抜いて見るサクサカー。
・「鮭の産卵」
 ジゴロウからイクラが生まれます。イクラには癒し効果あり。
・「ミノフる」
 場がかなりしらける状態。ご意見番の得意技。ミノフるとご意見番の頭から放出される。
 ちなみにガンダムの「ミノフスキー粒子」(この粒子が巻かれるとレーダーや通信が混乱する)から。
 なお、ご意見番がミノフった場合は、「♪ミノフっちゃたね、ご意見番、ご意見番、ご意見番」(イエローサブマリンの曲で)と歌われることがある。
・「STモ」
 雑誌Seventeenのモデルの略。ちなみに、カエラちゃんは「STモ」である。
・「バンロッホ」(バンさん)
 バンロッホは井口真吾氏の絵本からとびだしたチャックがついたテディベア。たまにSakuSakuに遊びにくる。
・「フォッサマグナ」
 「フォッサマグナ」とは日本列島を縦に貫く大断層のことであるが、sakusakuでは「世代に大きな開きを感じた」ときの言葉。
 ちなみに、フォッサマグナ(Fossa Magna)はラテン語で「大きな溝」という意味。
・「都下(とか)ちゃん」
 東京は23区以外の市町村を「東京都下」というらしい。
 「都下ちゃん」はその東京23区以外に住む人のことをいう。
 ちなみに、合い言葉は「東京タワーより」「田無タワー!」である。
・「NASA」
 テレビ局の編成を行うところを「SakuSaku」ではそう呼んでいる。
 ちなみに、映画「呪怨2」では、テレビ局の場面でTVKのNASAが使われている。
・「トーフ山」
 SakuSakuの舞台であるアパートがある山。特殊な気候で屋久島にあるような杉も生えているらしい。
・「皇帝」
 TVKにいる電波をとばしている方。くるくる回りながら手からバリバリ電波をとばしている。
 横浜本部、北海道支部、名古屋支部、関西支部、九州支部と皇帝ネットワークが繋がっており、バリバリが繋がっているため、全国でSakuSakuが見れるようになっている。